ライフサイエンス

Quarkのライフサイエンス向けエンタープライズソリューションは、XMLベースの法規制要求事項の増加に対してコンプライアンスを確保するための方法を提供します。この結果、新薬をより効率的に市場に投入できるようになります。ラベル表示など一般向けの情報の正確性が向上し、患者の安全性が高まります。

XMLを簡単に導入する方法

Microsoft WordのアドインであるQuark XML Authorによって、使い慣れたWordの環境で構造化コンテンツを作成できます。作成後に、その構造化コンテンツを自動的に複数のドキュメントで再利用したり、出版物として集版したり、複数のメディアタイプに合わせて発行したりできます。これらを最小限のトレーニングと負担で実現できます。

ソリューションの注目ポイント

  • 製品構造表示(SPL)
    Quark SPL Accelerator for Quark XML Authorは、製薬会社、市販薬メーカー、動物用薬品メーカー、生物製剤メーカー向けの、Microsoft Wordをベースとした、商用の、すぐに使い始めることができるソリューションです。Wordのコンテンツが、有効かつ基準に適合したSPLファイルに変換されます。最小限のビジネス上の負担でアクセラレータを導入できます。
  • 電子化コモンテクニカルドキュメント(eCTD)
    新薬のドキュメント化のコスト削減や商品化までの期間短縮を必要としている革新的な製薬会社は、Quark XML Author for Microsoft WordやQuark Publishing Platformなどの、Quarkのエンタープライズソリューションを導入できます。コンテンツの作成、承認、集版、発行が合理化され、(米国FDAなどの)規制当局との折衝プロセスも短縮されます。また、ルーチン作業が自動化されるほか、法規制に適合していないことが自動的にフラグ設定されます。

XMLオーサリングは、法規制関連の提出ドキュメントだけでなく、マーケティング資料など、新薬の商品化に必要なすべての正式なドキュメントの作成に役立ちます。Quarkのライフサイエンス向けエンタープライズソリューションを使用すると、作成者は、ページのレイアウトやフォーマットの適用ではなく、情報の作成に集中できます。情報を再作成せずに再利用することで、ドキュメントの作成が合理化されます。また、アセットが1つのソースで管理されるため、正確性だけでなく効率性も向上します。