Download Free Whitepaperダイナミックパブリッシングの事例

無料ホワイトペーパーをダウンロード

XMLオーサリング

XMLオーサリング、構造化オーサリング、インテリジェントコンテンツオーサリング。この3つはすべて同じことを指しています。非構造化コンテンツを作成するワードプロセッサーやデスクトップパブリッシングアプリケーションとは異なるコンテンツの作成方法です。さまざまな組織で、XMLオーサリングを採用するケースが増えています。XMLオーサリングはパブリッシングプロセスを強化して、品質や柔軟性の向上、コストの削減を実現する基盤となります。

ご存知でしたか?

XMLコンテンツが「インテリジェントコンテンツ」と呼ばれることの多い理由の1つは、XMLには一般に「メタデータ」と呼ばれる追加的な情報が内部に埋め込まれており、他のアプリケーションで自動的にXMLを操作できるためです。

XMLオーサリングを選ぶ理由

ワードプロセッサーやデスクトップパブリッシングソフトウェアの基盤である非構造化オーサリングでは、より多くの情報を、より高品質、より低コストで、より多くのメディアタイプで作成するという、組織のパブリッシングのニーズにこれ以上対応できません。

従来のパブリッシングソフトウェアの問題点は、情報を作成するだけでなく、その外観をデザインし、各ページのレイアウトを調整しなければならないことです。これは、印刷物、ウェブ、デジタルのメディアタイプごとに繰り返し行う必要のある、非常に手間のかかるプロセスです。さらに、情報の再利用は、コピーアンドペーストを意味します。重複したコンテンツが作成されてしまい、情報が使用されている限りは、それぞれをレビュー、翻訳、アップデートしなければなりません。これらの非効率性があるために、情報の正確さ、利便性、ビジュアルの品質に問題が生じる可能性が生まれます。やらなければならない作業が多すぎるうえに、誤りが発生する余地も発生します。

XMLオーサリングの機能

非構造化オーサリングの非効率性を解消するため、XMLオーサリングにはいくつかの非常に重要な機能があります。

コンテンツとフォーマットの分離:
(見出しをサブ見出しより大きくするなど)フォーマットを使用してドキュメント要素を区別するのではなく、ライターが目的を特定することによって区別します。たとえば、見出しは<title>とマーキングします。24 pt、Arial Boldのようにはしません。

自動パブリッシング:
XMLドキュメントにはフォーマット情報が含まれていないので、パブリッシングシステムでは、自動のプロセスで個別にフォーマットを適用できます。たとえば、<title>のフォーマットを、印刷物の場合は24 pt. Arial Bold、携帯電話の場合は12 pt. Verdanaとします。この結果、作成者は、フォーマットとデザインという、作業時間の3分の1から半分を占める手間のかかる作業から解放されます。

クロスメディアパブリッシング:
印刷物、ウェブ、デジタルなどの複数のメディアタイプに自動的に発行できます。この機能によって、高コストで、ミスが生じやすく、時間のかかるプロセスである手作業で追加するそれぞれのメディアタイプを、さまざまなグループが作成する必要がなくなります。

コンポーネントの再利用:
XMLによって、ライターはドキュメントを再利用可能なコンポーネントに分割できます。作成者は、コンテンツをコピーアンドペーストするのではなく、コンポーネントを指定することによってコンポーネントを再利用できます。元のコンポーネントが変更されると、そのコンポーネントを使用しているすべてのドキュメントは、自動的に、そのコンポーネントの最新バージョンの情報にアップデートされます。このため、情報の正確性や整合性が向上します。

パーソナライズ:
XMLではドキュメントをコンポーネントに分割できるので、それらのコンポーネントを自動的に集版するように設定して、各対象者のニーズに基づいてパーソナライズされた出版物を作成し、顧客満足度を高めることができます。

QuarkのXMLオーサリング

Quark Authorは、XMLを意識することなく、主にビジネスユーザーが使い慣れたワードプロセッサと同様の環境でXMLコンテンツを作成することを目的として構築されたWebベースのソフトウェアです。Quark Publishing Platformとの組み合わせにより、作成者はコンテンツコンポーネントを作成、再利用できます。

Quark XML Author for Microsoft® Wordを使用すると、誰でも構造化されたXMLコンテンツをMicrosoft Wordで作成できます。Quark XML Authorは短期間で習得でき、簡単に操作できるように設計されています。自動パブリッシングシステムの基盤として、パブリッシングプロセスを合理化し、情報の整合性を高め、業績を向上させることができます。

次のステップ

推奨リソース

ホワイトペーパー
ダイナミックパブリッシングの事例