Quark XML Authorによる Microsoft Wordの機能拡張

ホワイトペーパー

Microsoftは、Office 2003でXML機能を導入し、Office 2007でそれらの機能を拡張しました。Office 2010でもXML機能は引き続き採用されています。これにより、XMLの価値が広く知られるようになりました。MicrosoftによるXML利用の焦点は、サードパーティのソフトウェア開発者がデータをドキュメントに組み込んだり、ドキュメントを下流プロセスに組み込んだり、その他の生産性向上を個々のユーザーのために実現することができるようにすることです。


しかし、Microsoftは意図的に、購入時の状態ではWordでのXML編集をサポートしていません。Wordを使用してXMLドキュメントを作成したい顧客には、Quark XML Authorなどのパートナー製品を勧めています。

開発者は、単純なケースの場合、Wordに組み込まれているXML機能を活用してXML編集機能を提供できますが、ダイナミックパブリッシングアプリケーションの要件では、Quark XML Author for Microsoft Wordだけが提供している、本格的なXMLドキュメント編集機能が求められます。

Quark XML Authorは、Microsoft Wordのシンプルで直感的なユーザーエクスペリエンスを維持しながら、WordのXML機能を拡張して、XMLドキュメントの作成と編集を可能にします。