ホーム / Quark Enterprise Solutions / ダイナミックパブリッシング / デジタルパブリッシング

デジタルパブリッシング

フルカラーのインタラクティブなスマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスの急速な普及によって、出版社も一般企業の出版部門も、最新のチャンネルとしてDigital Publishing 2.0は不可欠になっています。

しかしどのようにすれば、時間と費用を抑えながら、パブリッシング能力を高めて新たなデジタル要件を満たし、Digital Publishing 2.0革命の早い段階でデジタルデバイスへのパブリッシングを主導し、顧客の増大する要求に対応することができるでしょうか。

Digital Publishing 2.0革命

第1世代のデジタルパブリッシングでは、書籍の電子版に相当するものを提供していました。しかし、すべての書籍を提供できた訳ではありません。それは、白黒のeリーダー画面に対応するシンプルなレイアウトとコンテンツの書籍のみでした。それはデジタルパブリッシングが、トレーディング勘定や新聞といったものに限定されていたことを意味します。雑誌や約85%の書籍は、このようなデバイスに対応できず、また企業もその分野には参入できませんでした。何故ならば、それらのデバイスは、表現豊かなデザインのコンテンツに適応することができず、その表示も限られたものだったからです。iPadの登場は、革命的変化をもたらしました。

Digital Publishing 2.0は、新たなデジタルエクスペリエンスの登場として際立ったものでした。それは、スマートフォン、eリーダーやタブレットのコンテンツと消費者との相互作用において前例のないレベルでした。同様に、コンピュータにおける魅力的なエクスペリエンスでもありました。

Digital Publishing 2.0のテクノロジーでは、消費者が、クリック可能なビデオ、音声ファイルやその他のインタラクティブ機能を通して検索するコンテンツ(書籍、雑誌、新聞、製品カタログ、広告など)をさらに大きく洗礼されたディスプレイによって、フルカラーのインタラクティブなマルチメディアのエクスペリエンスを提供します。

Digital Publishing 2.0とDigital Publishing 1.0の最も大きな違いは、出版者に、従来のコンテンツとデジタルコンテンツを見分けるさまざまな方法を提供したことです。それによって、デジタル環境に応じた新たな収益モデルの可能性が生まれています。

有益なDigital Publishing 2.0計画を達成する上での課題

デジタルデバイスが圧倒的な魅力を持ち、急速に成長する一方で、Digital Publishing 2.0の成功に向けた懸命な取り組みにおいてはさまざまな課題が存在します。

  1. まず、強化された機能を有するコンテンツを作成する必要があります。それには、複雑なプログラミングと莫大な技術的作業を求められます。さらには、その強化されたコンテンツを複数のプラットフォームに対応して作成する必要があります。それは、市場に出現する複数のデバイスに対応するとともに、メディアタイプの変更に対応するためです。コスト効率よくこれを行うには、すべてのプラットフォーム、デバイス、メディアにわたって適切に機能する高度なコンテンツを、プログラマーではなく、デザイナー自身が作成できるように支援するツールが必要です。
  2. 次に、利用者が期待しているあらゆるインタラクティブマルチメディア機能だけでなく、彼らが予想すらしない機能をも搭載するアプリケーションにおいて、こうした高度なコンテンツが正しく機能する必要があります。
  3. また、利用者が簡単にコンテンツを見つけ、購入し、ダウンロードできる配信チャンネルも必要です。

ソリューション:あらゆるプラットフォーム、メディア、デバイスに対応するリッチでインタラクティブなコンテンツを作成

Quarkが提供するソフトウェアは、クロスメディアパブリッシング戦略にデジタルパブリッシングを組み込み、Apple® iPad&trade、Samsung Galaxy Tab®といったタブレットなど、最新のデジタルデバイスにコンテンツを配信することを可能にします。Quarkのコンテンツ戦略はメディアに依存したものではないため、Quarkのソフトウェアは、新しいデバイスの登場に伴う絶え間ないテクノロジの変化に影響されません。

Quarkのアプローチは、効率性とコストに集中できる環境を作ります。運用上の効率だけでなく、将来のニーズにも柔軟に対応しながら、普及しているデジタルデバイスやその他のチャンネルを問わず、あらゆるチャンネルにコンテンツを配信することを可能にします。デジタルパブリッシングに対するQuarkのアプローチには、次の2つの基盤があります。

  1. プラットフォーム非依存: 個々のプラットフォーム、メディア、デバイス別に、コンテンツやアプリケーションを作成することは容易ではありません。Quarkでは、特定のメディア形式に縛られずに、プラットフォームにもメディアにも依存しない形式で情報を作成し、必要なあらゆる形式に自動的に発行することができます。
  2. プログラミング不要:Quarkのソフトウェアでは、プログラマーのサポートがなくても、デザイナーが魅力的かつインタラクティブなコンテンツを作成できます。

デジタルパブリッシング:ダイナミックパブリッシングソリューションのコア機能

デジタルパブリッシング機能は、Quarkの総合的なダイナミックパブリッシングプラットフォームの中でも不可欠なものであり、この機能によって、大規模な企業は、エンタープライズパブリッシング環境全体で生産性の向上とコストの削減を実現できるようになります。Quarkのダイナミックパブリッシングソフトウェアを使用すると、組織内の誰もが、構造化されたXMLコンテンツをMicrosoft Wordで作成するとともに、さまざまな対象者向けの、デザイン性に富むパーソナライズされたコンテンツの集版を自動化し、また印刷物やウェブ、デジタルデバイス向けにコンテンツを自動的に発行できるようになります

詳細は、Quarkが提供するデジタルパブリッシングソリューションをご覧ください。

Download Free Whitepaperダイナミックパブリッシングの事例

無料ホワイトペーパーをダウンロード

「Quarkとともに、書籍の始りにおいて、独立した出版者に構築されたコンテンツを作成する能力を提供できることにわくわくしています。それにより、メディアプラットフォームを越えて配信できるのです。」

— David Steinberger
CEO and President of The Perseus Books Group