Download Free Whitepaperダイナミックパブリッシングの事例

無料ホワイトペーパーをダウンロード

オーサリングツール

出版物になるテキストを作成する方法は数多くあり、それぞれが「オーサリング」に該当します。このセクションでは、非構造化コンテンツと構造化コンテンツに使用できる、さまざまなオーサリングツールについて説明します。また、個々のニーズに合ったオーサリングツールを選択するためのガイドラインを紹介します。

非構造化オーサリングツールと構造化(XML)オーサリングツールの比較

コンテンツのオーサリングには、非構造化と構造化の2種類の方法があります。非構造化オーサリングとは、従来型のワードプロセッサーでコンテンツを作成することを指します。作成者はドキュメントにテキストを入力し、フォーマットを適用します。別のドキュメントで情報を再利用するには、その情報をコピーアンドペーストします。

構造化オーサリングツールは、拡張マークアップ言語(XML)をベースにしており、異なったアプローチをします。ライターは、(見出しをサブ見出しより大きくするなど)1つのアイテムを別のアイテムと区別するためにフォーマットを使用するのではなく、各アイテムの目的を特定することによって区別します。たとえば、見出しはとマーキングします。24 pt、Arial Boldのようにはしません。

さまざまな組織で、構造化XMLオーサリングが採用されています。コンテンツ作成やパブリッシングのプロセスを見直し、コスト削減と商品化までの期間短縮を実現すると同時に、情報の質を向上させることができるためです。構造化XMLオーサリングの技術やメリットに関心をお持ちになられた場合は、次項にて詳細をご確認ください。

オーサリングツールの選択

オーサリングツールは多種多様です。最適なツールは、複数の要因、主に、職種と、パブリッシングプロセスのレベルに応じて選択します。

ツールの種類 オーサリングの種類 職種 プロセス
ワードプロセッサー Microsoft® Word 非構造化 ナレッジワーカー、各分野の専門家、社外の担当者 従来型またはダイナミック
XMLエディタ Quark XML Author for Microsoft Word 構造化 ナレッジワーカー、各分野の専門家、社外の担当者 ダイナミック
ウェブベースのオーサリングツール Quark Author 非構造化 ナレッジワーカー、各分野の専門家、社外の担当者 従来型
デスクトップパブリッシングプログラムのストーリーエディタ QuarkCopyDesk 簡易レベルの構造化 編集者 従来型
デスクトップパブリッシングソフトウェア QuarkXPress 非構造化 デザイナー 従来型

出版社

多くの出版社では、スタッフは通常、職種に応じたオーサリングツールを使用しています。たいていは、デスクトップパブリッシングソフトウェアベンダーから入手できる専用のツールです。たとえば、編集者はQuarkCopyDesk、デザイナーはQuarkXPress、コピーライターはQuark Publishing Platform Web Clientを使用します。ライター以外の職種は、おそらくMicrosoft Wordを使用するでしょう。

社内出版部門

社内出版部門(出版が中核事業ではない組織)では、ナレッジワーカーはMicrosoft Wordを使用し、デスクトップパブリッシングの担当者はオーサリングツールとしてQuarkXPressのようなデスクトップパブリッシングソフトウェアを使用する傾向がありました。しかし、ビジネスユーザーや各分野の専門家向けにWebベースのオーサリングツールへ移行する組織が増えています。非常に規模の大きいマーケティング部門や出版部門の場合、職種がさらに専門化されているので、出版社とほぼ同様のツールを使用しています。

ダイナミックパブリッシャー

さまざまな種類の組織が、非構造化コンテンツをベースとした、従来型の多大な労働力を要する、手作業によるパブリッシングから、ダイナミックパブリッシングによる自動化と構造化コンテンツの再利用に移行し始めています。このような組織は、コンテンツの作成をプレゼンテーションから切り離す必要があります。その結果、情報のコンポーネントをさまざまな出版物に結合させて、各種メディアフォーマットで自動的に出版できます。情報の複雑さとパブリッシングプロセスから、主なオーサリングツールは、Quark AuthorのようなWebベースコンテンツの作成ソフトウェア、Microsoft Word、またはQuark XML Author for Microsoft Wordのいずれかになるでしょう。

Structured Reusable Content

Quarkシステムでの非構造化コンテンツの使用方法

非構造化コンテンツには制限がありますが、Quarkでは、Microsoft Wordからダイナミックパブリッシングプロセスに非構造化コンテンツを取り込むための便利な機能があります。特に、Quark Publishing Platformを通じて、QuarkXPressのレイアウトでWordファイルとコンポーネントを関連付けできます。このようにすると、Wordファイルが変更されたときにコンポーネントも自動的にその変更内容を反映してアップデートされます。Quark Publishing Platformでは、QuarkXPressのレイアウトを、より自動化に適しているXMLフォーマットで書き出すことができます。

次のステップ

推奨リソース

ホワイトペーパー
ダイナミックパブリッシングの事例