ウェブコンテンツ管理システムの統合(WCMSの統合)

ウェブコンテンツ管理(WCM)システムは、クロスメディアパブリッシング戦略において不可欠な役割を果たします。新しいコンテンツの公開か既存のコンテンツのアップデートかを問わず、効率的にウェブに情報を発行でき、ウェブプレゼンスを効果的に維持できます。

クロスメディアパブリッシングの要件という見地から、ウェブの取り組みに対して最高の成果をおさめるには、パブリッシングシステムによって、新しいコンテンツまたはアップデートされたコンテンツをウェブコンテンツ管理システムに供給する必要があります。

 

Quark Publishing PlatformからWCMにコンテンツを供給する方法

Quark Publishing Platformは、クロスメディアパブリッシングプラットフォームを備えており、Drupal™ウェブコンテンツ管理システムとの簡単な統合によって、ウェブコンテンツ管理システムと接続できます。他のWCMシステムを使用している場合は、独自の構築のガイドとして、QuarkのDrupalとの統合から、自社またはシステムインテグレータでソースコードを使用できます。

Quark Publishing PlatformからWCMシステムにコンテンツを転送するには、複数のステップがあります。手作業で、または(「承認済み」などステータス変更のようなイベントに基づいて、またはスケジュールに従って)自動的に始動できます。

Quark Publishing Platformは次のステップで実行します。

  • XMLを採用します。WCMではXHTMLが必要なので、最初に作成済みのXMLを使用するか、QuarkXPressで印刷物のレイアウトから、またはQuark Publishing PlatformでアーティクルからXMLを作成します。
  • 作成したマッピングを使用してXMLをXHTMLに変換します。
  • イメージへのファイルパスを調整し、パスの依存関係を取り除きます(QuarkXPressのプロジェクトやアーティクルから開始している場合は自動的に行われます)。
  • イメージをウェブに適したフォーマットに変換します。
  • すべてのXHTMLとイメージを1つの.zipパッケージにまとめます。
  • .zipパッケージをDrupalの適切な場所に、イメージを指定のフォルダに、XHTMLファイルをそのファイル用のフォルダに転送します。ステージングサーバーや稼働中のサーバーにコンテンツを送信できます。また、新しいページを作成するか、既存のページをリフレッシュするかを選択できます。
  • 他のWCMシステムも上記と同じステップです。他のWCMの場合、ステップ6だけを変更する必要があります。

Quark Publishing Platformには自動ウェブパブリッシング機能があります。また、Microsoft® SharePoint®との統合も可能です。社内全体やパブリッシングのアセットをすべてウェブチームに提供し、ウェブアセットを組織内の誰もが使用することを可能にします。

You can use Quark XML Authorを使用して、ウェブ用のXMLコンテンツを作成できます。また、SharePointとの統合で、XMLコンテンツをウェブだけでなく、他のフォーマットでも使用できるようにします。