コンテンツの構造は、コンテンツ自動化の中核となるものです。 昔から言われているように、 材料がガラクタなら、出来上がるものもガラクタです。 言い換えれば、プロセスの開始時に構 造化を行わなければ、下流工程のレビュー、承認、組み立て、複数のチャンネルへのコンテン ツ配信を自動化することは不可能です。

構造化コンテンツの事実上の標準はXML(拡張可能マークアップ言語)ですが、従来はXMLでコ ンテンツを作成するために技術的なオーサリングツールが必要とされ、ビジネスに重要なコン テンツにおける採用は限定されていました。

スマートコンテンツは、この課題に対するQuarkの解決策で、技術者かそうでないかを問わず誰 でも、使い慣れたワードプロセッサと似た環境で構造化コンテンツを作成できます。 スマート コンテンツはWebブラウザまたはMicrosoft Wordを使用して作成され、再利用可能なコンテンツ 部品のすべての利点を備えていながら、XMLの処理はバックグラウンドで行われ、コンテンツ作 成者は意識する必要がありません。

スマートコンテンツを使用すると、コンテンツを1回作成し、レビューと承認を1回行うだけで、 複数のチャンネルや形式で自動的に配信できます。 さらに、コンテンツが変更されたときは、 Quarkのコンテンツ自動化ソリューションによって、変更されたコンテンツ部品が使用されてい るすべての場所が動的に更新されます。 コンテンツのタグ付けはコンテンツ作成者によって行 われるか、プラットフォームによって自動的に行われ、適切なコンテンツが適切なチャンネル および対象層へ、最適な形式で配信されることを保証できます。

Quarkを使用すると、コンテンツがよりスマートになり、コンテンツの作成から消費までのライ フサイクル全体を自動化するための基盤が提供されます。