コンテンツの自動化

(コンテンツの世界を刷新しましょう)、そうすれば、コスト削減、一貫性の推進、コンプライアンスの達成、制作期間の短縮を実現することができます。

リソースセンターにアクセス ›

コンテンツの世界を刷新すべきときです

今日のビジネスでは途方もない量のコンテンツが作成され、そのほとんどは組織の活動に決定的に重要です。 そして、読者が複数のチャンネルにわたってコンテンツを検索し、読む方法は認識できないほど変化したにもかかわらず、従来のコンテンツのプロセスは何十年もの間、本質的に変化していません。

従来のコンテンツプロセスの問題点は、あらゆるチャンネルが利用される今日の世界に最適化されていないことです。 たとえば、次のような問題が挙げられます。

コンテンツは多くの場合、作成者やデザイナーがプロセスのごく早期の段階でコンテンツをデザインへ引き渡してしまうため、1種類のメディアに固定されてしまいます。

ドキュメントは一般に接続されておらず、多くの場合は複数のドキュメントやメディアについて、同じコンテンツを再作成および翻訳する必要が発生します。

従来のコンテンツ作成ツールでは、作成者やデザイナーがコンテンツを再利用するには、ドキュメントやメディアの間でコピーアンドペーストを行う必要があり、エラーや不整合の可能性が増大します。

レビューや承認には、WordドキュメントやPDFを電子メールでやり取りする必要があり、時間がかかり、エラーが起きやすく、コストも増大します。

複数のドキュメントやメディアにわたってコンテンツを手作業で更新する必要があり、その後でさらにレビューと承認を繰り返す必要があります。

最後に、従来のコンテンツは極めてドキュメント中心であり、メタデータが含まれていないため、異なる対象層向けにコンテンツを再利用するのは手作業で多くの時間を要するプロセスとなります。

これらの問題を子細に検討すれば、時代遅れの旧態依然なコンテンツプロセスがビジネスの足を引っ張ることについて、もはや容認されないことは明白となります。

コンテンツ自動化の導入

このような多様なメディアチャンネル向けにコンテンツを作成、管理、発行、配信するという課題へ真に対応できる唯一の回答が、コンテンツ自動化です。

コンテンツ自動化により、次のような形でコンテンツプロセスが改良され、合理化されます。

  • コンテンツの作成と消費をより効率的にする。
  • 複数のプラットフォームへコンテンツを自動的に発行する。
  • コンテンツ更新のトラッキングを簡素化する。
  • スマートコンテンツコンポーネントを動的に組み立て、再利用する。s
  • ビジネスにおいて、各種の対象層向けに個別化されたコンテンツを簡単に配信できるようにする。
  • コンテンツを他の言語へ翻訳するプロセスと時間的な流れを合理化する。

コンテンツ自動化ソリューションを導入する利点は多岐にわたります。生産性が向上し、制作期間が短縮され、御社はリソースの追加なしにより多くの情報製品をサポートできるようになり、御社が発行するコンテンツの品質も向上し、顧客がより的確に関与できるようになります。

コンテンツ自動化の機能

Quarkのコンテンツ自動化ソリューションについて、さらに詳しくご覧ください。