Technical Documentation Solution

TECHNICAL DOCUMENTATION SOLUTION

テクニカルパブリケーション配信の迅速化

御社では複雑な製品の設置、操作、メンテナンス、修理の際に重要な技術文書(製品マニュアル、サービスガイド、インストール手順書、メンテナンスマニュアル、その他のドキュメント)を出版・発行することはありますか? そのような場合、Quarkでは、技術文書の要件に対応したオーサリングやパブリッシング用のソフトウェアを提供しています。

高まる期待

テクニカルパブリッシングは、これまで以上に難しく、複雑になっています。より多くの製品、短い製品ライフサイクル、より早い新製品の投入、世界規模の流通、顧客からの要望、印刷物、ウェブ、デジタル機器、ナレッジベースなど複数のメディアタイプのサポートに対処する必要があります。

DITAによるテクニカルドキュメントのプロセスの革命

同じリソースまたはより少ないリソースでもっと大きな成果を得るためには、オーサリング、レビュー、パブリッシングのプロセス全体を合理化する必要があります。Quarkが役立つのは、まさにそのような場合です。QuarkのXMLをベースとしたソフトウェアで、再利用可能なドキュメントコンポーネントの作成、さまざまな対象者ごとのドキュメントコンポーネントの自動集版、複数のメディアタイプへの自動的な発行が可能です。

技術文書用アプリケーションの多くはDITAを使用しています。Quarkではすぐにご使用いただけるDITAソリューションを提供していますが、ほとんどすべての文書型定義(DTD)やスキーマでご使用いただけます。

Quarkのソリューションの出発点は、Quark XML Author for Microsoft® Wordです。XMLの知識は不要で、ほとんど研修は必要なく、誰でも簡単にXMLを作成できるWord用のアドインです。Quark XML Authorによって、各分野の専門家から、技術文書作成の専任者まで、幅広いユーザーがXMLオーサリングを簡単にできます。これ以上わかりやすく簡単に使えるツールはないでしょう。

Quarkには、技術文書を発行する方法が複数あります。レイアウトのニーズが複雑かどうかによって選択できます。技術者向けのコンテンツの場合、デザインの要件はおそらくシンプルなので、Quark XML Authorのアドオンである、オプションのDITAパブリッシングモジュールを使用するか、サードパーティー製のXMLパブリッシングツールをご使用いただけるでしょう。消費者向けのコンテンツの場合、豊富で高品質なデザインをサポートしているQuark Publishing Platformを検討すべきでしょう。

DITA

ご存知でしたか?

DITA(Darwin Information Typing Architecture)は、ドキュメントの専門家がテクニカルパブリッシング固有の問題を解決するために設計されました。

次のステップ

 

Case Studyケーススタディ
DITAベースの情報戦略を活用した、IBM Microelectronics部門による革新
Arrow ケーススタディを読む