ホーム / 製品 / Quark XML Author / 主要な機能

主要な機能

WordでのXML作成

Microsoft WordのアドインであるQuark XML Authorを使用すれば、研修もほぼ必要なく、誰でもWordでXMLドキュメントを作成できます。自動化できるコンテンツを作成するためにXMLをWord形式に変換している企業もありますが、このプロセスはミスが発生する可能性が高く、XMLによって得られるオーサリングの効率性が実現しません。これに代えて、直接WordでXMLを作成する方法があります。Quark XML Authorはダイナミックパブリッシングの能力により、企業全体に渡ってXMLの有利性をもたらします。

主要な機能

DITAのサポート:
Quark XML Authorはすぐに使用でき、作成者は、DITAに対応した出版物をWord内で作成できます。オプションのモジュールによって、作成者は、DITA Open Toolkitを使用してWord内から直接発行できます。

XMLのサポート:

  • DITAを含め、あらゆるスキーマまたはDTDに準拠するXMLコンテンツをWordで簡単に作成できます
  • U.S. FDAの要件である製品構造表示(Structured Product Labeling (SPL)
  • 米国/NATOの情報収集に必要なPubs-XML (IC MSP)、CAPCO, ISMなど

オーサリングの効率性:
ライターはフォーマットにわずらわされることなくコンテンツに集中できます。情報作成者の労力の3分の1から2分の1が軽減されます。

情報の再利用:
作成者は同じコンテンツを複数のドキュメントで再利用し、印刷物、ウェブ、およびその他の形式に自動的に発行できます。

CMSの統合:
Microsoft SharePointEMC Documentum、およびIBM FileNet Content Managerとの統合により、XML戦略を全社的に導入し、ダイナミックパブリッシングのメリットを全社的に実現することが可能です。

Quark Publishing Platformの統合:
作成した情報コンポーネントをQuark Publishing Platformへ直接送ることができます。それにより、コンポーネントは自動的に結合され、コンテンツを印刷物、Flash®(SWF)、PDF、ウェブ、XML、XHTML、およびデジタルフォーマットへ配信することができます。

Microsoft Word 2007、2010、および2013のサポート
Quark XML Authorアドインは、Microsoft Office 2007から2013に対応しています。また、Microsoft Office 2007、2010と2013が共存している環境においても一つのインストールパッケージでインストールが可能となっています。

オプションのモジュール

  • DITA Publishing Module
  • Structured Product Labeling (SPL) Accelerator
  • 米国/NATO情報収集向けAccelerator
  • Quark XML Author Adapter for Microsoft SharePoint
  • Quark XML Author Adapter for IBM FileNet Content Manager
  • Quark XML Author Adapter for EMC Documentum

Download Free WhitepaperQuark XML AuthorによるMicrosoft Wordの機能拡張

無料ホワイトペーパーをダウンロード

アナリストの声

「Quark XML Authorは、ナレッジワーカーにとって使いやすいXMLオーサリングツールであり、コンテンツ作成ツールです。生産性が向上し、サイクルタイムが短縮されます。このツールはXMLの知識を持っている者だけでなく、一般ユーザーも使用できるため、非常に効果が高いものです。これによって、ダイナミックパブリッシング市場のリーダーとしてのQuarkの地位はさらに高まるでしょう。」

- Mukul Krishna
Global Director Digital Media Practice、Frost & Sullivan